トップ > の中の税務課 >の中の 軽自動車税の手続きについて

軽自動車税の手続きについて

軽自動車税の申告について

 軽自動車税は、4月1日現在、滝川市内で原付バイクや軽自動車などを所有している個人(法人)に課税されます。(4月2日以降に廃車、譲渡などをしても、その年度までは課税されます。この場合、自動車税のような月割課税制度はありません。)
 また、車を使用しなくなった場合や盗難にあった場合など、必ず廃車の手続きをして下さい。手続きをしないでいると、いつまでも軽自動車税が課税されることとなりますので十分留意されますようお願いします。

車種 申告先 持参するもの
原動機付自転車(125cc以下)
小型特殊自動車
農耕用小型特殊車
滝川市役所税務課資産税係
江部乙支所
○購入した場合
 ・使用者及び所有者の印鑑
 ・販売証明書
○使用しなくなった場合
 ・使用者及び所有者の印鑑
 ・ナンバープレート
 ・標識交付証明書
○市内で譲渡した場合
 ・標識交付証明書 ・譲渡証明書
 ・新旧使用者及び所有者の印鑑
○盗難にあった場合
 ・使用者及び所有者の印鑑
 ※最寄の警察署へ盗難届を行った
  際の受付番号が必要になります。
自動二輪(126cc~ 250cc)
軽三輪
軽四輪
札幌地区軽自動車検査協会
050-3816-1763
左記へお問い合わせください。
二輪の小型自動車(250cc超) 札幌運輸支局 左記へお問い合わせください。
050-5540-2001

 ※上記において、滝川市役所へ登録・変更及び廃車の申告をする場合の様式は
   申請書ダウンロードセンターをご利用ください。

軽自動車税の減免について

 次のような方については、申請すると軽自動車税が減免される場合があります。

 ・身体障害者等が所有する軽自動車等
 ・構造が専ら身体障害者等の利用のためのものである軽自動車等
 ・公益のために法人が直接専用する軽自動車等

 申請の受付期間

 ・納税通知書が届いてから納期限までの間です。

 ※平成27年度より申請の受付期間について「納期限前7日」から「納期限」に期間延長することになりました。

 (普通車の減免を受けている方は軽自動車税の減免を受けることはできません。)

 詳しくは、担当までお問い合わせいただくか、広報たきかわ5月号をご覧ください。

車検用納税証明書について

 車検に必要な納税証明書は納税通知書についていますので、切り離さずに金融機関等へお持ちいただき、お支払いください。
 また、口座振替をご利用の方には振替後、「口座振替済通知書兼納税証明書」を6月下旬までに送付致します。

自賠責保険について

 原動機付自転車等で道路を走行する際には、自賠責保険への加入が法律で義務付けられています。ナンバーを取得したら必ず走行前に加入してください。なお、市役所では自賠責保険は取り扱っておりません。保険会社、代理店等へお問い合わせください。


 各種手続きのお問い合わせ先
   滝川市役所 市民生活部
    税務課 資産税係(軽自動車税担当) 0125-28-8020(直通)


最新更新日時: 2016年2月24日

▲このページの先頭へ



Copyright © City of Takikawa,All right reserved.