トップ > の中の税務課 > 共有名義の土地・家屋の固定資産税・都市計画税について

共有名義の土地・家屋の固定資産税・都市計画税について

共有名義の土地・家屋の連帯納税義務について

 土地や家屋を共有名義で所有されている場合は、各共有者は地方税法の規定により連帯納税義務者となり、共有名義における税額の全額について納税義務が発生します。
 連帯納税義務とは共有者全員が共有物である土地、家屋に係る固定資産税の納税義務を負い、連帯して負担することです。
 
 例えばA(持分10分の9)、B(持分10分の1)の2人で所有している土地の固定資産税が10万円だとすると、持分に関係なくA、Bそれぞれが10万円の納税義務を負い、共有者の一人が10万円を納付すれば残りの1人の納税義務は消滅します。

 滝川市では、共有名義の納税の告知方法としては、「A外○名様」(Aが代表者、○がそれ以外の共有者の人数)とし、代表者にだけ納税通知書を送付しています。

 また、共有者の一人に滞納が生じた場合は、共有者全員が地方税法に基づき差し押さえなどの滞納処分の対象となります。


最新更新日時:2013年04月24日

▲このページの先頭へ



Copyright © City of Takikawa,All right reserved.