トップ > 保険医療課 > 後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

○後期高齢者医療制度について
 平成20年3月まで老人保健制度で医療を受けていた高齢者は、国民健康保険や社会保険などの医療保険制度に加入していましたが、急速に高齢化が進んでおり、国民生活の基盤である国民皆保険制度を維持し、将来にわたり持続可能なものにするためにも、平成20年4月から、新たに独立した医療制度「後期高齢者医療制度」が始まりました。
 


○制度の運営主体
道内の全市町村が加入する「北海道後期高齢者医療広域連合」が、保険証の交付、保険料の決定、医療費の給付などを行います。各種窓口業務や保険料の徴収は各市町村が行います。
 


○対象になる方
道内にお住まいの
 ・75歳以上の方
 ・寝たきりなどの一定の障がいのある65歳以上74歳以下の方
 


○保険証について
独自の保険証が1人に1枚交付されます。大切に保管して、医療機関にかかる際は忘れずに窓口に提示してください。
 


○保険料について
個人ごとに算定された保険料を被保険者全員が支払うことになります。
・原則として年金から天引きされます。(所得の低い方は、世帯の所得水準に応じて保険料が軽減されます)
・社会保険などの被扶養者だった方も保険料を負担することになります。(軽減措置により所得割がかからず均等割が9割軽減されます)
  
 保険料は年金から差し引かれる場合(特別徴収)と納付書で納める場合(普通徴収)があります(お支払いいただく保険料は、6月中旬にお知らせします)。

 《特別徴収》
 ・4月、6月、8月の年金~前々年の所得による仮徴収額
 ・10月、12月、2月の年金~前年の所得による本徴収額

 《普通徴収》
 ・介護保険と後期高齢者医療制度の合計額が、支給される年金額の半分を超えてしまう方。
  また、年金の額が18万円未満の方
  6月~1月の8回で納付書または口座振替で納めます。

○医療機関での自己負担
1割負担(ただし、現役並み所得者は3割負担)となります。
医療費が高額になったときの自己負担限度額や、高額介護合算療養費、入院時食事代の標準負担額など、その他の給付が受けられます。

○健康診査を受けましょう
定期的に健康診査を受けることは、疾病の早期発見、早期治療につながり自らの健康管理を見直すきっかけにもなります。毎年必ず受けましょう。

《健康診査で受けられる項目》
 身体計測・検尿・採血・血圧測定・診察・問診

これらの検査が自己負担400円で受けられます。ただし生活習慣病で治療中の方は受ける必要はありません。日程は広報たきかわ等でお知らせしています。

健康診査に関するお問い合わせ…健康づくり課 TEL0125-24-5256

○問合せ先
制度や保険料の詳細については以下にお問い合わせください。

・北海道後期高齢者医療広域連合(電話 011‐290-5601)
   電子メールアドレス    webmaster@iryokouiki-hokkaido.jp

   ホームページへのリンク http://iryokouiki-hokkaido.jp/
・保険医療課医療費助成係(電話 0125‐28-8018(直通))

保険医療課TOPへ


最新更新日時: 2014年06月27日

▲このページの先頭へ



Copyright © City of Takikawa,All right reserved.