トップ > の中の子育て応援課 > の中の児童扶養手当(トップ)

児童扶養手当(トップ)

児童扶養手当

児童扶養手当法の一部改正に伴い、公的年金との併給が可能となりました

 児童扶養手当法の一部改正により、平成26年12月より公的年金との
併給が可能となりました。
 これまでは、公的年金を受給できる方は児童扶養手当を受給できま
せんでしたが、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の
児童扶養手当を受給できるようになりました。

   詳しくはこちらをご覧ください。 ワードファイル (100KB) 

  

障害年金の子の加算について

 障害年金の子の加算について、これまでは障害年金の子の加算よ
り児童扶養手当額が上回る場合、子の加算を受給せずに児童扶養手
当を受給できました。改正後は子の加算を受給していただいたうえ
で、その差額分の児童扶養手当を受給することになります。 
   

経過措置について

 平成27年3月31日までに申請された場合、平成26年12月1日現在
で支給要件を満たしていれば平成26年12月分から手当を受給でき
ます。

    



障害基礎年金の子の加算の見直しに伴う児童扶養手当について

    平成23年4月施行の「国民年金法等の一部を改正する法律」により、障害基礎年金
   の子加算の範囲が拡大されることに併せて、障害基礎年金の子加算の運用についても
   見直しが行われます。

 詳しくはこちらをご覧ください。


父子家庭の方にも児童扶養手当が支給されます!

    母子家庭を支給対象としていた児童扶養手当について、平成22年8月分手当
   から父子家庭にも支給されています。
    児童扶養手当を受給するためには、申請(認定請求)が必要です。

児童扶養手当とは・・・

父母の離婚などにより、父または母と生計を同じくしていない児童が育成さ
れる家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立を促進し、児童の福祉の増進を
図ることを目的に、児童を養育している方に手当を支給する制度です。

目次 児童扶養手当 画像
●制度について
   ・支給の対象となる方
   ・手当額
   ・所得制限
   ・支給時期
●手当を受けるには
●受給された方へ
●受給資格がなくなるとき
●お問い合せ先

次へ→


最新更新日時: 2014年12月01日

▲このページの先頭へ



Copyright © City of Takikawa,All right reserved.