トップ > の中の子育て応援課 > の中の児童虐待防止推進月間

児童虐待防止推進月間

      「いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声」
              (平成29年度児童虐待防止推進月間標語)
 
 厚生労働省では、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と位置づけ、児童虐待問題に
対する社会的関心の喚起を図るため、その期間中集中的な広報・啓発活動を実施しています。
 滝川市においても、児童虐待防止のシンボルであるオレンジリボンをボランティアの方々の
ご協力により製作し、11月の期間中はもとより通年にわたりイベント等において市民の皆様に
配布し、児童虐待防止の啓発に取り組んでいます。
 児童虐待問題は社会全体で解決すべき重要な課題です。
 児童虐待の発生防止、早期発見には子育てに関わる全ての人が子どもの危険なサインを発見し、
安全につなげていくことが重要です。

児童虐待防止ポスターPDFファイル(1267KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

子ども虐待のこと知っていますか? 子ども虐待防止のオレンジリボン運動

上記画像PDF版はこちらワードファイル(328KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
○虐待かな…と感じた時は相談(通告)をしてください。
 虐待かどうか判断に迷う時も相談(通告)をお願いします。
○虐待の通告(相談)は匿名でも大丈夫です。
 また、名前を教えていただいても、通告(相談)者やその相談内容などの情報は
 固く守られるよう、法律で定められています。
○虐待かどうかの判断は通告(相談)を受けた機関が行います。
○通告(相談)の内容が結果的に違っていても責任を問われることはありません。

          小さな気づきが子どもと保護者を救います。


滝川市のオレンジリボン運動


厚生労働省 「児童虐待防止推進月間の取り組み」について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000183180.html


最新更新日時:2017年11月10日

▲このページの先頭へ



Copyright © City of Takikawa,All right reserved.