トップ > の中の産業振興課 >の中の 各種ビジネス支援補助事業

各種ビジネス支援補助事業

各種ビジネス支援・補助事業のお知らせ
 (各種団体等による補助事業等)

各種ビジネス支援・補助事業情報メール配信

各種ビジネスに役立つ補助事業や、研修・セミナー・勉強会のお知らせなど、産業を支援する情報をメールにて配信いたします。
ご希望の方はこちら各種ビジネス支援・補助事業情報メール配信登録フォーム(北海道電子自治体共同システムを利用しています。)より必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。

お知らせ

平成30年度先進的エネルギー関連製品開発支援事業補助金の追加募集について

 北海道では、本道の豊かな自然や多様なエネルギー資源、技術シーズを活用し、先進的なエネルギー関連技術の製品化など、道内の省エネ・新エネ化を促進し、環境産業の振興に資する製品開発を支援します。

【対象事業】
製品の有効性、環境影響、原材料確保調査やコスト算定を目的として行う実証事業、または実証事業及び収益性・物流・販路等のマーケティングを行う市場調査(市場調査のみは対象外)
〇対象分野
(1)スマートコミュニティ関連技術
新エネ関連機器等製造業(太陽光電池、蓄電池、水素製造装置)、建設工事業(高断熱・高気密住宅、部材製造)など
(2)リサイクル関連技術
リサイクル製品製造業(土木・建設資材、ゴムマット、肥料)、燃料等製造業(木質ペレット、BDF)、燃料等関連製造業(バイオマスボイラー)など
(3)省エネルギー関連技術
省エネ関連機器等製造業(地中熱ヒートポンプ、廃熱回収システム、EMS)など

【補助対象者】
(1)道内に主たる事務所又は事業所を有する法人(NPO法人等を含む。)
(2)全構成員の過半数を(1)に掲げる者が占め、かつ(1)に掲げる者が代表者となる共同体(コンソーシアム)
※コンソーシアム協定が必要です。

【補助対象要件】
(1)研究開発が終了し、低炭素化への効果が明らかであること。
(2)市場への投入にあたり、具体的な課題を有していること。
(3)意欲があり、本支援により速やかな事業化が期待できること。
(4)道内への波及効果が高いと見込まれること。
(5)道事業に採択されたことがないこと。
(6)国等の同様な補助制度に同時に採択されていないこと(申請している場合、事業計画書に明記)
※有識者会議により判断されます。

【補助額】
■補助率 スマートコミュニティ関連技術:3/4以内
 リサイクル関連技術、省エネルギー関連技術:2/3以内
■限度額 300万円
■採択数 2件程度(予定)
※補助金は事業完了後の精算払です。

【募集スケジュール(予定)】
(1)募集(事業計画書受付) 平成30年7月12日(木曜日)まで
(2)有識者会議(ヒアリング)  7月下旬
(3)事業計画認定・通知 8月上旬
(4)補助金申請事務 認定通知後順次
(5)交付決定(予定) 8月中

【お問合せ先】
北海道経済部産業振興局 環境・エネルギー室 環境産業グループ
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
TEL:011-204-5320(ダイヤルイン)
FAX:011-222-5957
※応募予定の方、もしくは事業の詳細について知りたい方は上記のお問合せ先にお問合せ下さい。

平成30年度次世代エネルギープロジェクト事業化推進事業補助金の追加募集について

北海道では、道内への実証プロジェクト誘致や道内企業の道外プロジェクトへの参画など、本道環境産業の振興を目指し、積雪寒冷地特有の製品や技術開発を進める道内外企業によるプロジェクトの追加募集を実施します。

【対象事業】
道内の事業者が開発した積雪寒冷地特有の製品や技術を核として、複数の事業者が連携し、それぞれの製品や技術を要素として組み合わせた下記対象分野のいずれか又は両方に該当する新しい製品・システムの開発事業
〇補助対象分野
(1)スマートコミュニティ関連
(2)リサイクル関連
(3)省エネルギー関連
※この事業については、複数の製品・魏j通の組み合わせで生じる技術面の課題解決を図ることを目的に、道が別途委嘱した専門相談員によるアドバイス等の支援を受けることができます。

【補助対象者】
(1)道内に主たる事務所又は事業所を有する法人(NPO法人等を含む。)
(2)(1)に掲げる者が代表者となる共同体(コンソーシアム)
※コンソーシアム協定が必要です。

【補助額】
■補助率 補助対象経費の1/2以内
      (※試作品製作・評価等の実証事業、市場調査などに要する経費)
リサイクル関連技術、省エネルギー関連技術:2/3以内
■限度額 1,000万円
■採択数 1件(予定)
※補助金は事業完了後の精算払です。

【募集スケジュール(予定)】
(1)募集(事業計画書受付)平成30年7月12日(木曜日)まで
(2)有識者会議(ヒアリング)  7月下旬
(3)事業計画認定・通知 8月上旬
(4)補助金申請事務 認定通知後順次
(5)交付決定(予定) 8月中

【お問合せ先】
北海道経済部産業振興局 環境・エネルギー室 環境産業グループ
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
TEL:011-204-5320(ダイヤルイン)
FAX:011-222-5957
※応募予定の方、もしくは事業の詳細について知りたい方は上記のお問合せ先にお問合せ下さい。

平成30年度先進的エネルギー関連技術開発支援事業補助金の追加募集について

 北海道では、本道の豊かな自然や多様なエネルギー資源、技術シーズを活用し、道内の大学や公設試験研究機関(公設試)等と連携して行う先進的なエネルギー関連技術の研究開発を支援します。

【対象事業】
 本道の豊かな自然や資源、技術シーズを活用し、道内の大学、公設試等と連携して行う先進的なエネルギー関連技術の研究及び開発事業で、次の対象分野のいずれかに該当する事業
〇対象分野
 (1)スマートコミュニティ関連技術
   新エネ関連機器等製造業(太陽光電池、蓄電池、水素製造装置)、建設工事業(高断熱・高気密住宅、部材製造)など
 (2)リサイクル関連技術
   リサイクル製品製造業(土木・建設資材、ゴムマット、肥料)、燃料等製造業(木質ペレット、BDF)、燃料等関連製造業(バイオマスボイラー)など
 (3)省エネルギー関連技術
   省エネ関連機器等製造業(地中熱ヒートポンプ、廃熱回収システム、EMS)など

【補助対象者】
 (1)道内に主たる事務所又は事業所を有する法人(NPO法人等を含む。)
 (2)全構成員の過半数を(1)に掲げる者が占め、かつ(1)に掲げる者が代表者となる共同体(コンソーシアム)
   ※コンソーシアム協定が必要です。

【補助対象要件】
 (1)事業成果が、事業化や商品化に結びつくことが見込まれること。
 (2)研究及び開発しようとする事業に対して、必要な調査や知見を有していること。
 (3)事業成果を利用する需要家との協働や連携が、積極的に図られるものであること。
 (4)他の北海道事業に採択されたことがないこと。
 (5)国等の同様な補助制度に同時に採択されていないこと(申請している場合は、事業計画書に明記)
 ※有識者会議により判断されます。

【補助額】
 ■補助率 スマートコミュニティ関連技術:3/4以内
        リサイクル関連技術、省エネルギー関連技術:2/3以内
 ■限度額 1,000万円
 ■採択数 1件(予算の範囲内で追加します)
 ※補助金は事業完了後の精算払です。

【募集スケジュール(予定)】
 (1)募集(事業計画書受付) 平成30年7月12日(木曜日)まで
 (2)有識者会議(ヒアリング)  7月下旬
 (3)事業計画認定・通知    8月上旬
 (4)補助金申請事務      認定通知後順次
 (5)交付決定(予定)      8月中

【お問合せ先】
北海道経済部産業振興局 環境・エネルギー室 環境産業グループ
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
TEL:011-204-5320(ダイヤルイン)
FAX:011-222-5957
※応募予定の方、もしくは事業の詳細について知りたい方は上記のお問合せ先にお問合せ下さい。

平成30年度地域創造的起業補助金の募集開始について

国では、新たな需要や雇用の創出等を促し、国の経済を活性化させることを目的に、新たに創業する方に対して創業等に要する経費の一部を補助する地域創造的起業補助金の募集を開始しました。

〇目的・概要
【補助対象者】以下の全てを満たす者
1.産業競争力強化法における認定市町村における創業であること。また、認定市町村又は認定創業支援事業者から特定創業支援事業を受ける者。(滝川市は認定市町村です。)
2.募集開始日(平成30年4月27日)以降に創業する者であって、補助事業完了日までに個人開業又は会社(会社法上の株式会社、合同会社、合名会社、合資会社を指す。)・企業組合・協業組合・特定非営利活動法人の設立を行い、その代表となる者。
3.事業実施完了日までに、計画した補助事業の遂行のために新たに従業員を1名以上雇い入れる者。

【補助率】
1/2以内

【補助金額の範囲】
外部資金調達がある場合 50万円~200万円以内
外部資金調達がない場合 50万円~100万円以内

〇募集期間
平成30年4月27日(金曜日) ~5月22日(火曜日)(当日消印有効)
※電子申請は平成30年5月26日(土曜日) 17時00分締切

〇募集方法・応募方法
募集要領等詳細は、以下のウェブサイトよりご確認ください。
http://www.cs-kigyou.jp/

〇提出・問い合わせ先
地域創造的起業補助金事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-1 半蔵門村山ビル東館2階
TEL:03-6272-9180

食品表示管理士検定及び試験対策講習会について

 一般社団法人新日本スーパーマーケット協会では、食品販売者・食品製造者が身に付けておくべき「表示責任を担う能力」を認定するための日本で初めての食品の表示に関する資格認定制度である食品表示管理士検定の認定、対策講習会を開催しております。

◆試験内容及び日程
<初級>
食品表示基礎能力の判定。食品表示に関する法律の基礎知識を有し、食品の一括表示ラベルの内容を読み取る力があるかどうか。
<中級>※初級資格保持者のみ受験可能
食品表示応用能力の判定。食品表示に関する法律およびその他の関連法規に関する網羅的・体系的な知識習得を完了し、食品の表示ラベルの読み取りだけでなく、作成が正確にできるかどうか。
<上級>※中級資格保持者のみ受験可能
食品表示に関する法律その他を熟知し、表示の読み取り・作成だけでなく、製造工程の情報などから表示の不満を指摘し、改善できるかどうか。

・日程
平成30年6月27日(水曜日)
-14時30分~16時10分(初級)
-10時00分~11時40分(中級)
-10時00分~11時40分(上級) 
※日程はすべて札幌会場開催の場合。

・申込期間
平成30年4月9日(月曜日)~平成30年5月18日(金曜日)
※開催会場、お申込み方法、その他詳細につきましては以下のお問合せ先にお問合せください。

◆試験対策講習会について
・札幌会場  平成30年5月15日(火曜日)※初級、中級のみ

◆お問合せ先
〇一般社団法人新日本スーパーマーケット協会 事業部教育研修課
住所:東京都千代田区内神田3-19-8 櫻井ビル4階
TEL:03-3255-4825 FAX:03-3255-4826

漬物製造事業関係者への衛生管理に関する周知について

今般、北海道で発生した腸管出血性大腸菌O157による食中毒事件について、道内の漬物製造会社が製造した浅漬けが原因と断定されました。農林水産省北海道農政事務所では、漬物の衛生管理において、全日本漬物協同組合連合会の取組や当該マニュアル等の周知が行われています。

全日本漬物協同組合連合会のホームページでは、次の資料を掲載しています。
【全日本漬物協同組合連合会の取り組み】
【HACCP手法を取り入れた浅漬け及びキムチの製造・管理マニュアル】
漬物製造事業関係者の方はご活用ください。

「北海道『食の磨き上げ職人』」アドバイス事業について

北海道では、国内外で通用する北海道ブランドの創出を図ることを目的とし、市場ニーズに精通した道内で活躍するバイヤーによる、商品開発や販路拡大に関する事業者などへの助言等を通じ、道産品を磨き上げるための「北海道『食の磨き上げ職人』」を組織しています。

【相談対象者】下記のような悩みを持ち、商品の磨き上げに意欲のある方
・こだわりを持って商品を作ったが、どのように売ってよいかわからない、もしくは製品のディティールの部分(価格、分量、パッケージ、味付け等)が市場ニーズにマッチしないため、販路が広がらない。
・道内に相談できるところもなく、バイヤー目線からアドバイスの機会を得たい。

【費用負担】
・相談者の旅費は自己負担となりますが、相談料は無料です。
 ※職人への相談は、札幌市で行われます。(面談による相談が原則です。)

【申し込み先】
北海道空知総合振興局 産業振興部 商工労働観光課
Tel 0126-20-0063(直通)
Fax 0126-25-9712

詳しくはこちら「北海道『食の磨き上げ職人』」アドバイス事業概要・申込書 PDFファイル (64KB)をご覧ください。

資料集

「あじ研北海道」のホームページが開設されました。

道内の試験研究機関などが持つ「食分野」に関する加工技術などを情報発信し、企業の新製品開発などに生かせるよう作られたホームページです。技術支援情報や食品開発のヒントなどが紹介されています。

※詳しくはこちら(あじ研北海道のサイトへリンク)

創業・ベンチャー支援、雇用・人材支援総合ガイドブック

北海道経済産業局、北海道労働局、北海道の3機関の各種支援制度がまとめて紹介されています。

※詳しくはこちら(北海道経済部労働局雇用労政課のサイトへリンク)

各種団体等リンク集(※外部のWebサイトへジャンプします)

経済産業省 北海道経済産業局

北海道 経済部経営支援局中小企業課 

北海道 経済部産業振興局産業振興課

(財)北海道中小企業総合支援センター
技術開発助成、資金供給、経営コンサルティング、市場開拓、人材育成などにより、中小企業の経営革新をはじめ、創業やベンチャー企業の育成さらには新事業創出などの業務を実施
・北海道中小企業応援ファンド事業

北海道中小企業家同友会

ノーステック財団

地域総合整備財団(ふるさと財団)
官民連携(PFI)、企業の新分野進出、地域再生等にかかる各種補助事業を実施

新技術開発財団(市村財団)
・新技術開発助成
(中小企業が研究開発された新技術を実用化するにあたっての、研究開発費用の2分の1を助成)

北海道立総合研究機構工業試験場
これまでに取り組んだ研究開発などの内容及び成果の展示・説明並びに技術相談・各種支援制度等相談

社団法人北海道貿易物産振興会 
国内外における道産品の取引の相談・斡旋、取引商談会、物産展等の開催や、道産品展示即売所  
(どさんこプラザ)等を運営

滝川商工会議所

江部乙商工会


最新更新日時:2018年6月6日

▲このページの先頭へ



Copyright © City of Takikawa,All right reserved.