トップ > 産業振興課 > 通年営農を可能とする「もみ殻」を活用した再エネ導入の実現可能性調査事業の委託事業者の募集について

通年営農を可能とする「もみ殻」を活用した再エネ導入の実現可能性調査事業の委託事業者の募集について

1.趣旨

滝川市は、周辺産炭地域・農業地域の中心市として、地域住民を主な顧客とする産業が発展してきた中で、周辺地域の高齢化・人口減少に伴い、地域経済が縮小・疲弊している現状にある。このような中、地域経済を活性化させるためには、域内人口に左右されない産業、新たな付加価値を作り出せる産業の育成が不可欠であり、本市においては農業をその中心に据え、そこから派生する食料品製造業等の関連産業も含めた地域産業振興の取り組みを行ってきました。
積雪寒冷地である当市は、農業において通年で就業可能な雇用環境を構築するために冬期間のしごとづくりに注力する必要があり、平成28年度は通年栽培可能なハウスの導入に向け、熱源の確保を目的とした農業系バイオマス(稲わら・もみ殻など)を活用した再生可能エネルギーの導入可能性調査によって、ビニールハウスの温室への熱供給実証に取り組み、もみ殻の燃料化(紛体化)に成功するとともに作物の生育環境についても順調な成果が得られたところです。
ただし、経済性の評価には至っていなかったため燃料となるもみ殻の安定的な収集方法、燃焼後の灰の有効活用、事業化方式の検証、メンテナンス体制を含めた推進体制などについての事業化の実現可能性の調査・検討を行う。この委託事業を実施するにあたり、委託事業者を募集します。

2.業務概要

(1)委託業務名
通年営農を可能とする「もみ殻」を活用した再エネ導入の実現可能性調査事業委託業務
(2)委託期間
契約日から平成30年2月9日(金曜日)まで
(3)業務内容
1.もみ殻の収集システムと熱供給の利用可能量調査
2.熱供給・発電システムの検討(2ケースを対象)
3.導入可能な温室等熱需要の規模と期待される地域経済効果検討(2ケース対象)
4.事業採算性の評価
5.CO2削減効果
6.事業化方式の検討
7.推進体制・スケジュールの検討
※詳細については仕様書を参照のこと。
(4)予算額
9,742,000円(消費税込)以内とする。

3.応募資格

応募者は、次の要件をすべて満たす法人とします。

  1. 地方自治法施行令(昭和22年5月3日政令第16号)第167条の4の規定(一般競争入札に参加させないことができる事由など)に該当しない者
  2. 次の申立てがなされていない者
    (1)破産法(平成16年6月2日法律第75号)第18条又は第19条の規定による破産手続開始の申立て
    (2)会社更生法(平成14年12月13日法律第154号)第17条に基づく更生手続き開始の申立て
    (3)民事再生法(平成11年12月22日法律第225号)第21条の規定による再生手続きの申立て
  3. 滝川市における建設工事等又は物品購入等に係る指名に関する規定に基づき、現に指名停止措置を受けていない者
  4. 税金(国税、地方税)に滞納がないこと
  5. 次に該当しない者
(1) 役員等が暴力団による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員であると認められる者
(2) 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団をいう。)又は暴力団員が経営に実質的に関与していると認められる者
(3) 役員等が自己、自社若しくは第三者の不正な利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどとしたと認められる者
(4) 役員等が、暴力団又は暴力団員に対して資金等を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与していると認められる者
(5) 役員等が暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有していると認められる者

4.問い合わせ

この募集に関する問い合わせ方法は、次のとおりとします。

(1)提出様式
通年営農を可能とする「もみ殻」を活用した再エネ導入の実現可能性調査事業に関する質問書(様式1)
(2)受付期間
平成29年9月13日(水曜日)~平成29年9月19日(火曜日)
(3)提出方法
電子メール
件名:通年営農を可能とする「もみ殻」を活用した再エネ導入の実現可能性調査事業に関する質問(企業名、提出日)
(4)提出先
滝川市産業振興部産業振興課
E-mail:syoukou@city.takikawa.lg.jp
(5)回答
提出された質問への回答は質問を整理し、電子メールで回答するほか、ホームページにも質問内容とともに回答を掲載する予定です。
質問・回答集

5.企画提案書の提出

(1)提出方法等
1.提出期限 平成29年9月27日(水曜日) 17時00分まで 必着
2.提出方法 持参、又は郵送(電子メールは不可)
3.提出先 滝川市産業振興部産業振興課

〒073-8686 北海道滝川市大町1丁目2番15号(本庁舎4階)
(2)提出書類
提出書類は次のとおりとします。
なお、以下の3、4、5の様式については、記載欄が不足する場合は、適宜、行を増やすなどして記入してください。複数枚に渡っても可。
1.企画提案書(様式2)
2.実施計画書(様式3)
3.法人概要(様式4)
4.国税、地方税に滞納がないことの証明書
5.その他参考となる資料
(3)提出部数等
上記(2)の提出書類は、正1部、副7部ずつ提出してください。なお、添付書類は「提案書類確認一覧」(別紙2)を参考にし、提出書類はクリップ留めのこととします。

6.審査方法

(1)審査職員会議
「通年営農を可能とする「もみ殻」を活用した再エネ導入の実現可能性調査事業企画提案審査職員会議」を設置し、企画提案者の審査を行います。なお、審査職員会議は非公開で行います。
(2)審査
審査は企画提案者へのヒアリングを行います。
1. 説明時間は1事業者当たり30分程度とし、質疑応答は15分程度とする。またヒアリングには2名までの出席を可とする。
2. 提出した資料に基づき説明を行うこととする。資料の追加は可能であるが、その場合は資料を印刷したものを7部用意することとする。ただし、企画提案内容の変更は認めない。
3. パソコンを用いて説明する場合は事前に市担当課まで連絡することとする。
4. ヒアリングの時刻・会場は、該当者に別途連絡することとする。
5. 審査職員会議の審査結果をもとに、市が最優秀企画提案者、次点者を決定する。また審査結果については、書面により通知する。なお、審査結果(決定事業者及びその提案概要等)については、滝川市のホームページに掲載する予定。
(3)審査基準
企画提案者に対して、審査員がヒアリングを行い、各項目ごとに採点します。
審査基準は別紙1のとおりとします。

7.事業者の決定

審査職員会議の審査結果に基づき、最優秀企画提案者と所定の手続きを経た上で当該業務の委託契約を締結します。ただし、協議の結果、契約の締結に至らなかった場合は、次点の提案者と協議を行います。

8.失格

次のいずれかに該当する場合は失格とします。
(1)提出書類に、虚偽の記載をした場合
(2)その他、事業を遂行できない重大な事由が生じた場合

9.留意事項

(1)滝川市からの提示資料の取扱い
滝川市が提示する資料は応募に係る検討以外の目的で使用することはできません。
(2)企画提案に係る著作権の取扱い
応募された企画提案の著作権は、その応募者に帰属します。ただし、最優秀企画提案者からの企画提案については、滝川市が広報活動等において使用できるものとします。
(3)応募者の複数提案の禁止
応募者は複数の提案を行うことはできません。
(4)費用の負担
応募に関し必要な費用は、応募者の負担とします。
(5)通信事故
電子メール等の通信事故について、滝川市は一切の責任負わないこととします。
(6)申請書類の返却
提出された申請書類に関しては返却しないこととします。

関係書類・様式ダウンロード

関係書類ダウンロード PDF word
1. 募集要項 PDF 428KB word 97KB
2. 仕様書 PDF 236KB word 271KB
3. 留意事項 PDF 81KB word 25KB
様式ダウンロード PDF word
1. 【様式1】質問書 PDF 55KB word 57KB
2. 【様式2】企画提案書 PDF 48KB word 59KB
3. 【様式3】実施計画書 PDF 64KB word 58KB
4. 【様式4】法人概要 PDF 59KB word 56KB
5. 様式一括ダウンロード PDF 122KB word 75KB


最新更新日時:2017年9月22日

▲このページの先頭へ



Copyright © City of Takikawa,All right reserved.