トップ >農政課トップ > 新規就農者募集 > 滝川市の就農支援制度

滝川市の就農支援制度

新規就農に向けた研修期間のサポート制度

新規就農に向けた研修期間中の生活をサポートし、自主的研修の機会を支援します。

(1)住宅助成

研修期間中の住宅費について助成します。

対象者 新規就農実習者
※研修期間中の2年間を対象
助成内容 家賃の助成:家賃の1/2を助成(上限月額2万円)

(2)研修活動助成

就農に向けた農業知識、経営技術等の習得に向けた自主的な研修に対して助成します。

対象者 新規就農実習者 
※研修期間中の2年間を対象
助成内容 研修活動等に要する経費の助成(上限月額4万円)

■農業次世代人材投資資金(準備型)を2年間(150万円/年)受給することができます。

就農後の営農支援制度

就農開始時及び就農直後の営農をサポートし、円滑な経営の安定を支援します。

(1)営農経営自立助成

対象者 2年間の研修期間を修了した新規就農実習者又は新規に自立した営農を
開始する者(滝川市新規就農者確保対策協議会の承認が必要)
助成内容 設備等(農地賃貸借料含む)の取得費の1/2を助成
 ※就農後5年以内
 ※限度額100万円

(2)農業振興補償融資(貸付金)

滝川市農業者補償融資制度による貸付金 貸付上限額:400万円(償還期間:5年)
 ※融資機関:たきかわ農業協同組合
■農業次世代人材投資資金(経営開始型)を最長5年間(最大150万円/年)受給することができます。


新規就農者募集 新規就農実習者の認定基準 新規就農希望者の受入れ手順 研修プログラム(案)
滝川市と農業の概要

新規就農者募集パンフレットPDFファイル(1714KB)このリンクは別ウィンドウで開きます


最新更新日時:2017年9月11日

▲このページの先頭へ



Copyright © City of Takikawa,All right reserved.