トップ > の中の滝川博物館情報TOP >英遠と万寿三 創作のひみつ 画室のスケッチから

英遠と万寿三 創作のひみつ 画室のスケッチから

英遠と万寿三 創作のひみつ 画室のスケッチから

ごあいさつ

 日本画家・岩橋英遠と洋画家・一木万寿三は滝川市江部乙町(当時滝川村江部乙)で育ち、少年時代からともに絵を描き、切磋琢磨しながら画家を目指しました。
 片や日本画、片や洋画とそれぞれの道を歩みながらも、生涯を通じその友情は変わらず、画家として大成した後もスケッチ旅行など交流を続け、互いにふるさとに想いをよせながらそれぞれの画境を築きました。
 本展では、二人の画業をスケッチ画(新発見・初公開資料含む)および作品を通して紹介、あわせて手紙や資料から二人の交友を辿り、ふるさとと強く結びついた二人の画家の魅力を見つめ直します。

岩橋 英遠(いわはし えいえん) 1903-1999

岩橋 英遠(いわはし えいえん) 1903-1999  明治36年(1903年)北海道滝川村に江部乙屯田兵の長男として生まれる。北辰尋常高等小学校を卒業後、母を助けて家業の農作業に携わる。21歳のとき画家を志して上京、山内多門の塾に入る。昭和9年院展に初入選。戦前は歴程美術協会を結成して活動するなど日本画の前衛的な動きに積極的に参加した。
 戦後は安田靫彦に師事。院展を中心に斬新な感覚にあふれる作品を次々と発表する。昭和25年日本美術院・大観賞。昭和28年日本美術院同人になる。昭和43年東京芸術大学教授、昭和47年に日本芸術院賞。昭和56年芸術院会員。平成6年文化勲章を受章した。
 自然を壮大なスケールで表現し深い精神性と優れた造形で独自の画境を築き上げている。

一木 万寿三(いちき ますみ) 1903-1981

一木 万寿三(いちき ますみ) 1903-1981  明治36年(1903年)北海道滝川村に生まれる。少年時代、一家で江部乙村(現・滝川市江部乙町)に転居。家業のりんご園を手伝いながら絵画の研究に励む。隣に住む岩橋英遠とも親しくなり、大正15年22歳で上京。本郷絵画研究所に学び、安井會太郎らの影響を受ける。昭和4年には帝展に初入選。晩年は一水会の作家として自己の画風を誠実に貫いた。
 昭和19年、戦争のため郷里・江部乙に疎開。りんご園やそこに働く人々を明るく伸びやかな作風で描く。全道美術協会、滝川美術協会の創立にも参加し、北海道洋画界の重鎮として活躍した。

開催概要

開催期間

平成27年9月12日(土曜日)~10月18日(日曜日)

開館時間

10時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

休館日

毎週月曜日(平成27年9月21日・10月12日は開館)、平成27年9月24日(木曜日)、平成27年10月13日(火曜日)

観覧料

一般 700円(高校生以下は無料)

関連イベント

講演会「岩橋英遠と一木万寿三―画家とふるさと―」

日時:平成27年9月12日(土曜日) 10時30分~
講師:奥岡茂雄氏(北翔大学大学院客員教授・元札幌芸術の森美術館館長)
定員:100名
*観覧券の提示が必要です。

ワークショップ「スケッチを体験しよう!」

対象:一般
日時:平成27年9月19日(土曜日) 9時30分~14時30分
場所:江部乙周辺
講師:早弓弘行氏(絵画教室主宰)
定員:20名
*事前申込制(平成27年9月1日(火曜日)より受付開始)

ギャラリートーク

日時:平成27年9月26日(土曜日)、平成27年10月10日(土曜日) 14時00分~14時30分
定員:なし
*当日の観覧券が必要です。

お問い合わせ

滝川市美術自然史館MAP ◇滝川市美術自然史館
〒073-0033
北海道滝川市新町2丁目5番30号
10時00分~17時00分 ※月曜日休館

TEL 0125-23-0502
FAX 0125-23-8786
Mail museum@city.takikawa.hokkaido.jp



最新更新日時:2015年9月4日

▲このページの先頭へ



Copyright © City of Takikawa,All right reserved.