トップ > 介護福祉課 > 高齢者の健康づくり

高齢者の健康づくり

フレイル、知っていますか?


普段通っていた場所がお休みになったり、外出を控えて友人と会う機会が少なくなったりして
「いつもの調子が出ないなぁ、身体が弱ったなぁ」と感じることはありませんか?
もしかすると、「フレイル」という状態かもしれません。
「フレイル」は、健康な状態と介護が必要な状態のあいだを意味しており
適切な予防をすることで改善できると言われています。

いつまでも元気に過ごすために、特に気を付けたい大きなポイントは下記の4点です。
適度な運動(筋力の維持)
栄養と食事
口腔ケア
社会参加(人とのお付き合い)

自宅でも取り組みやすい運動、食事の工夫や口腔ケア等について紹介します。

「フレイル」イメージ

適度な運動


ラジオ体操や散歩、庭仕事など、適度な運動は筋力維持やストレス発散につながります。
自分の体調に合わせて、無理のない範囲で運動に取り組んでみましょう。

☆いきいき百歳体操(地域体操教室)

☆いきいき百歳体操(簡易版) 動画 <外部サイト:高知市公式ホームページ>このリンクは別ウィンドウで開きます

☆DVD貸出:いきいき百歳体操(簡易版)・かみかみ百歳体操・しゃきしゃき百歳体操

☆日本老年医学会
「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイントこのリンクは別ウィンドウで開きます

栄養・食事


自宅にいる時間が長くなり、食事回数が減ったり、体重が減ったりしていませんか。
1日3回バランスよく食べ低栄養に気を付けることで、体力維持を目指しましょう。

☆食事、食べられていますか 食事で低栄養を予防しましょうPDFファイル(364KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

口腔ケア


友人と話す機会が減り自宅にいる時間が長くなると、お口の力が弱ってしまうことがあります。
電話でのおしゃべりや簡単な体操を行い、意識してお口を動かし元気を保ちましょう。

☆公益社団法人 日本歯科衛生士会
出典:新型コロナウイルス感染症に負けないために お家でできるお口の体操PDFファイル(2178KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

社会参加


外に出る機会が減っていませんか?
高齢者のフレイルの原因の1つに、「閉じこもり」があります。

買い物、通院、お散歩など1日1回の外出が、毎日の元気につながります!
人と会って会話をしたり身体を動かす機会が増えたりすることで、からだやこころの健康を維持できます。

☆市内の通いの場一覧
生活支援体制整備事業「支え合いの地域づくり」

問合せ先

介護福祉課 介護予防係   電話0125-28-8045(直通)


最新更新日時:2022年3月28日

▲このページの先頭へ



表示:
|
Copyright © City of Takikawa,All right reserved.