トップ > 健康づくり課 > 新型コロナウイルスに関するお知らせ > 新型コロナウイルスに関する感染症について > 市長からのメッセージ【令和2年度分】 > 市長からのメッセージ(令和2年5月26日付)

市長からのメッセージ(令和2年5月26日付)

 このたび政府は、令和2年5月25日に全国的な緊急事態宣言の解除を決定いたしました。一部の事業者・施設では引き続きの休業要請にご協力いただいておりますが、今日まで長期間にわたる活動自粛にご協力いただきましたことに、心より感謝申し上げます。
 滝川市においては、3月以降、市内における感染者の報告はなく今のところ落ち着きを見せておりますが、北海道全域に目を向けるとまだ予断を許さない状況が続いております。それに伴い、北海道は今回の緊急事態宣言解除後も、一部業種の休業要請、外出自粛、札幌との往来自粛要請を今月末まで継続することとしており、今後も「新しい生活様式」を取り入れた「新北海道スタイル」の構築に向け、市民、道民が一丸となって取り組んでいかなくてはなりません。
 一方では、この新型コロナウイルス感染症が及ぼした地域経済への影響は深刻なものであり、強い危機感を感じております。現在、特別定額給付金の1日も早い給付に向け、市職員が総力を挙げて対応しており、受付を終えたものから順次振り込み作業を開始しております。
 また、「児童扶養手当受給者世帯への臨時給付金」や「休業等要請協力支援金」などの市独自の対策や、「飲食店応援たきかわプレミアムチケット」の発行事業などにより、滝川市の経済を回復させるための対策も進めております。新型コロナウイルス感染症は完全に終息したわけではありません。市民の皆様には、「新しい生活様式」を取り入れながら感染防止に努めていただくとともに、滝川市の経済回復にもお力添えいただきますよう引き続きご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 令和2年5月26日   滝川市長 前田 康吉


最新更新日時:2020年5月26日

▲このページの先頭へ



表示:
|
Copyright © City of Takikawa,All right reserved.