トップ > 健康づくり課 > 新型コロナウイルスに関するお知らせ > 新型コロナウイルスに関する感染症について > 市長からのメッセージ【令和2年度分】 > 市長からのメッセージ(令和3年1月18日付)

市長からのメッセージ(令和3年1月18日付)

 市民の皆様には、日頃より新型コロナウイルス感染症防止対策について、ご理解とご協力をいただいておりますことに厚くお礼申し上げます。

 昨年市内で発生した新型コロナウイルス感染症の集団感染事例につきましては、各関係者のご尽力により昨年中にそれぞれ終息を迎えております。また、職員の感染が確認された滝川市立病院につきましても、その後感染は拡大せず、通常の診療体制に戻っております。関係の皆さまにおかれましては、この間大変なご苦労があったと推察いたしますが、まずはこの状況に安堵しております。

 一方、年末年始を過ぎましたが、市内飲食店では依然として厳しい状況が続いていることから、市では「飲食店感染拡大防止対策向上事業」を実施し、市内の飲食に関係する6つの団体を対象に、新北海道スタイルに準じた感染防止対策の徹底と対策強化の実践を支援することといたしました。

 また、新型コロナウイルス感染症のまん延予防効果が期待されているワクチンについては、全国で接種に向けた準備が進められております。市ではワクチンの保管等を想定し超低温冷凍庫を購入するなどし、今後、医療従事者や感染リスクの高い方などの優先すべき対象者をはじめ、希望する方々が確実に接種を受けられるよう実施体制を整えていきたいと考えております。

 国においては東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の11都府県に対し、2月7日まで緊急事態宣言を発令しています。また、この緊急事態宣言を踏まえ北海道では、1月15日までとしていた集中対策期間を2月15日まで延長することを決めました。

 引き続き、緊急事態宣言対象地域との不要不急の往来を控えること、感染リスクを回避できない場合には、札幌市との不要不急の往来を控えることに加え、マスクの着用や手洗いなどの基本的な感染防止対策、感染リスクを回避する行動の徹底をお願いいたします。

 幾度となくお伝えしてきておりますように新型コロナウイルスは誰もが感染する可能性があります。感染者やそのご家族、関係者に対する偏見や誹謗中傷、心ない言動が起きることがないよう、改めてのご理解ご協力をお願いいたします。

滝川市長 前田 康吉


最新更新日時:2021年1月18日

▲このページの先頭へ



表示:
|
Copyright © City of Takikawa,All right reserved.