トップ > 健康づくり課 > 新型コロナウイルスに関するお知らせ > 新型コロナウイルスに関する感染症について > 市長からのメッセージ(令和3年2月16日付)

市長からのメッセージ(令和3年2月16日付)

 市民の皆様には、日頃より新型コロナウイルス感染症対策について、ご理解とご協力をいただいておりますことに厚くお礼申し上げます。

 このたび、北海道では2月15日までとしていた新型コロナウイルスの集中対策期間を、当面、国内で緊急事態宣言が発令されている間、延長することを決定しました。市民の皆様には、緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来や、できる限り同居をされていない方との飲食については控えていただくこと、また、2月末までは札幌市と小樽市への不要不急の往来を控えていただきますよう引き続きお願いいたします。
 北海道からの発表にもあるように、新規感染者数は減少傾向にはあるものの、これから4月にかけては人事異動や、入社・入学に伴う人の移動が活発化する時期になり、再び感染の拡大が懸念されます。また、ワクチン接種を控え、医療提供体制への負荷を更に軽減させておく必要もあります。このようなときだからこそ、北海道全体が足並みをそろえて感染の拡大をもう一段抑え込むことに協力していかなければなりません。市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 国ではファイザー社の新型コロナワクチンが薬事承認され、いよいよ医療従事者の皆さんからワクチンの接種が始まります。滝川市においても2月15日付で「新型コロナウイルスワクチン接種実施本部」を設置し、市民の皆様に安全・安心に、そして確実にワクチンを接種いただけるよう準備を進めております。

 市民の皆様がより安心した生活が送れるよう、滝川市としても様々な対策を重ねてまいりますので、市民の皆様も引き続き、新しい生活様式の実践など感染防止対策を徹底していただくとともに、感染者やそのご家族、関係者に対する偏見や誹謗中傷、心ない言動が起きることがないよう、改めてのご理解ご協力をお願いいたします。

令和3年2月16日

滝川市長 前田 康吉


最新更新日時:2021年2月16日

▲このページの先頭へ



表示:
|
Copyright © City of Takikawa,All right reserved.