トップ > の中の健康づくり課 > 滝川市不妊治療支援事業について

滝川市不妊治療支援事業について

 滝川市は、子どもを生み育てたいと願っているご夫婦に対し、不妊について等の相談を受けるとともに、一般不妊治療と不育症治療の助成を行います。

対象経費

●保険適用の不妊治療・検査等、および不育症治療に要した医療費の自己負担分
●人工授精など保険適用外の不妊治療(体外授精・顕微授精は除く)、および不育症治療に要した医療費の自己負担分
●対象治療を証明するため医療機関が発行する文書料
 ※当該年度の4月1日以降に受けた検査、治療が対象となります。
 ※転入された方は、転入日以降に受けた検査、治療が対象となります。
 
 ※次の費用は対象となりません。
  ・入院時の差額ベッド代、食事代等、治療に直接関係のない費用
  ・他の市町村で助成されていた期間に係る医療費

対象者

次のすべてにあてはまる方
●法律上の夫婦であること
●申請日において滝川市に住民票がある方
●医療保険に加入している方
●市税等の滞納がない方
●ご夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満の方

助成の額

治療に要した自己負担額の合計で、1年度あたり10万円を上限とします。

助成の期間等

助成が受けられる期間は、継続した2年間(年度)です。
 ※申請は単年度毎にしていただきます。
 ※申請期限は、治療を開始した日の属する年度の3月末(土曜日・日曜日・祝日を除く)までです。

申請の方法

1.まずは、保健センターへお問合せ、ご相談ください(TEL:0125-24-5256)

2.以下の書類等を揃え申請してください。
【必要書類等】
(1)補助金等交付申請書(ダウンロード)RTF:(58KB)
(2)不妊治療費助成金調書(ダウンロード)ワードファイル(25KB)
(3)医療機関等証明書(医療機関での証明が必要です) (ダウンロード)ワードファイル(22KB)
(4)一般不妊治療または不育症治療にかかった医療費の領収書、診療報酬明細書
(5)健康保険証
(6)印鑑
(7)戸籍謄本
(8)ご夫婦の住民票
(9)ご夫婦の前年の所得証明書
(10)納税証明書~申請者の同意を得て滝川市で確認できる場合は省略できます。

 ※ご夫婦で申請する場合は、別々の印鑑をご使用ください。
 ※不育症治療費助成は、北海道不育症治療費助成制度をご利用の上、申請をお願いします。
  治療費の合計が10万円を超える方はあらかじめご連絡ください。
 ※医療費の自己負担額が高額の場合、高額療養費制度の申請ができることがありますので、ご確認ください。


3.審査の上、交付決定の場合は通知し、後日、助成金を振り込みます。

*北海道特定不妊治療費助成事業、不育症治療費助成については北海道のホームページをご覧ください。

お問合せ・申請窓口

滝川市保健センター(保健福祉部健康づくり課予防推進係)保健師まで
 TEL:0125-24-5256 FAX:0125-23-2486
 Email:hoken@city.takikawa.hokkaido.jp


最新更新日時:2021年2月25日

▲このページの先頭へ



表示:
|
Copyright © City of Takikawa,All right reserved.