トップ > の中の健康づくり課 > 熱中症に注意しましょう!

熱中症に注意しましょう!

 今年度も高温多湿の日が多くみられており、気温の高い日が続くこれからの時期は、日中の屋外だけにとどまらず夜間や屋内も含め熱中症が発症する可能性があります。また、今年度は新型コロナウイルス感染症の流行により、感染防止のためマスクの着用をなどこれまでとは違った新しい生活様式に対応していく中で、熱中症になりやすい状況です。

熱中症とは?

 高温多湿の環境で体内の水分・塩分のバランスが崩れることにより体温調節機能がうまく働かなるときにおこります。屋外だけでなく、室内でも発症する危険があるため適切な予防や対策、応急処置を確認しておきましょう。

症状:めまい、筋肉痛、大量の発汗、頭痛、吐き気、倦怠感、重症になると意識障害などがみられます。

熱中症を予防するためには?

 熱中症の予防には水分補給暑さを避けることが大切です!外出時は日傘や帽子、日陰などを利用し直射日光をさけ、こまめな休憩を心がけてください。

●のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分の補給をしましょう。
●通気性の良い服や吸湿・速乾の衣服の着用、また保冷剤や氷、冷たいタオルなどで体を冷却し体温調節を心がけましょう。
●こまめな換気や遮光カーテン、扇風機やエアコンなどを使用し室温上昇に気をつけましょう。

熱中症が疑われる人への応急処置は?

涼しい場所へ避難させる
●衣服を脱がせ、身体を冷やす
水分・塩分を補給する
*自力で水を飲めない、意識がない場合は直ちに救急隊を要請しましょう!

熱中症の関連情報

熱中症予防×コロナ感染予防で「新しい生活様式」を健康に!(環境省・厚労省)

「巣ごもり熱中症」に注意!!(北海道✖大塚製薬)

熱中症に注意(気象庁)

健康のために水を飲もう推進運動(厚労省)

職場における熱中症予防対策(厚労省)

全国における熱中症傷病者救急搬送に関する情報(消防庁)


最新更新日時:2020年07月20日

▲このページの先頭へ



表示:
|
Copyright © City of Takikawa,All right reserved.