トップ > の中の健康づくり課 > 新生児聴覚検査費用助成事業について

新生児聴覚検査費用助成事業について

 滝川市は、令和3年4月1日より新生児聴覚検査費用の助成を開始します。

新生児聴覚検査とは

 出産した医療機関において、出生後2日~退院前に行われます。
 自動ABR・OAE検査ともに赤ちゃんが眠っている間にヘッドホンのような機械をあててその反応を記録する方法で、5分程度で実施でき、痛みはありません。

対象となる方

令和3年4月1日以降に生まれ、滝川市に住民登録されている新生児

対象となる検査と助成額

・自動ABR(自動調整脳幹反応検査)またはOAE検査(耳音響放射検査)の初回検査費用分のみ。
いずれの検査も上限8,800円(税込み)。

※上限を超えた額は医療機関へ直接お支払いください。
※医療保険適応となる検査は助成対象外となります。
※再検査の費用は対象外となります。

受診方法

・出産した医療機関へ「新生児聴覚検査受診票」を提出してください。(受診票は道内の委託医療機関で使用できます。)
・「新生児聴覚検査受診票」は、妊娠中期の面接時にお渡しします。

道外の医療機関へ受診された方へ

下記の方法で償還払いいたします。

【申請方法】
 1.滝川市新生児聴覚検査費助成申請書 (ダウンロード)PDFファイル(85KB)
 2.新生児聴覚検査を受けたときの領収書・明細書
 3.母子健康手帳(聴覚検査結果の記載のあるページ)の写し
 4.未使用の新生児聴覚検査受診票

【申請時期】
 検査を受けてから6ヶ月以内

その他の注意事項

出産した医療機関で検査を受けられなかった場合は、検査可能な医療機関をご紹介しますので、お問い合わせください。

他市町村に転出された場合には受診券は使用できません。転出先の市町村にてお問い合わせください。

問合せ先

滝川市保健センター(保健福祉部健康づくり課予防推進係)保健師まで
 TEL:0125-24-5256 FAX:0125-23-2486
 Email:hoken@city.takikawa.hokkaido.jp


最新更新日時:2021年3月29日

▲このページの先頭へ



表示:
|
Copyright © City of Takikawa,All right reserved.