トップ > の中の教育委員会 > の中の教育委員、教育行政執行方針、予算、生徒数推移

教育委員、教育行政執行方針、予算、生徒数推移

教育委員

職名 氏名 生年月日 任期等
教育長 山﨑 猛 昭和32年8月12日 平成30年6月27日~ 2期目
委員
(職務代理者)
田代 雄一 昭和26年10月19日 令和元年6月27日~ 2期目
委員 朝日 幸世 昭和30年8月6日 平成29年5月14日~ 2期目
委員 芳村 敦子 昭和39年7月14日 平成30年5月28日~ 2期目
委員 蜂矢 忠昭 昭和30年9月9日 令和2年5月24日~ 2期目

※委員のうち、保護者である者は1名です。

教育行政執行方針

【基本方針】

令和2年度の教育行政の基本的な考えと重点施策について申し上げます。

我が国においては、人口の減少とともに少子高齢化が進行する一方で、先端技術の革新などによる超スマート社会(Society5.0)の実現に向けたライフスタイルの多様化、グローバル化など、多岐にわたる目まぐるしい情勢の変化が顕著なところです。こうした中、学校教育においては、社会の変化に果敢に向き合い、豊かな人生を切り拓いていくために必要な力を子ども一人ひとりに着実に身に付けさせ、予測できない状況にも主体的に関わり課題を解決することで、より良い社会と幸福な人生の創り手としての資質・能力を高めていくことが極めて重要です。

また、地域社会においては、多くの市民が、そのような子どもたちの育ちを積極的に支えつつ、また自らも、社会に積極的に関わりながら、生き生きと学び続けることができるような環境を整えていくことが求められています。

教育委員会といたしましては、教育大綱及び教育推進計画で定めた「未来を拓く『たきかわっ子』の育成」と「誰もが学び、誰でも参加できる環境づくり」という二つの基本理念に基づき、市民の皆様の信頼を基盤として、地域・社会と連携・協働した教育の質の向上と、子どもたちの心身ともに健やかな成長を期し、教育行政を推進してまいります。

令和2年度教育行政執行方針(全文)PDFファイル(448KB)このリンクは別ウィンドウで開きます


【過去の教育行政執行方針】

 令和元年度 教育行政執行方針PDFファイル(232KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
 ■平成30年度 教育行政執行方針PDFファイル(253KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
 平成29年度 教育行政執行方針PDFファイル(259KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
 平成28年度 教育行政執行方針PDFファイル(229KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
 平成27年度 教育行政執行方針PDFファイル(242KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
 平成26年度 教育行政執行方針PDFファイル(307KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
 平成25年度 教育行政執行方針PDFファイル(258KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

教育予算の概要

滝川市の令和2年度教育予算は、1,018,636千円(学校教育関係費776,785千円、社会教育関係費241,851千円)です。

費目 額(千円) 割合
教育管理費 92,778 9.1%
小学校費 200,621 19.7%
中学校費 110,034 10.8%
高等学校費 67,270 6.6%
学校給食費 306,082 30.0%
社会教育費 92,202 9.1%
保健体育費 149,649 14.7%
教育費合計 1,018,636 100.0%

※人件費並びに公債費は含んでおりません。


【令和2年度一般会計予算に占める教育予算】

区分 額(千円) 割合
議会費 124,901 0.6%
総務費 1,605,288 7.7%
民生費 5,075,255 24.2%
衛生費 4,494,169 21.4%
労働費 26,308 0.1%
農林業費 394,861 1.9%
商工費 371,677 1.8%
土木費 1,303,528 6.2%
消防費 855,122 4.1%
教育費 1,018,636 4.9%
公債費 1,759,642 8.4%
諸支出金 680,000 3.2%
職員費 3,234,613 15.4%
予備費 30,000 0.1%
合計 20,974,000 100.0%

児童生徒数の推移

児童生徒数の推移PDFファイル(123KB)


最新更新日時: 2020年6月5日

▲このページの先頭へ



表示:
|
Copyright © City of Takikawa,All right reserved.